相続登記|東習志野・実籾・大久保・習志野・八千代・千葉市・船橋市など対応しております。


相続登記の申請は、登記所に必要書類とともに登記申請書を提出することにより行います。

その申請の際、登録免許税の納付も一緒に行います。

<相続登記の申請に必要なもの>

1.登記申請書

2.必要書類

3.登録免許税

<登記所>

法務局とも呼ばれています。

全国にありますが、どこの登記所で申請できるわけではなく、不動産の所在地を管轄する登記所に申請する必要があります。

(例)不動産の所在地が・・・

   東京都江戸川区の場合 → 東京法務局江戸川出張所

   千葉県習志野市の場合 → 千葉地方法務局(本局)

   千葉県船橋市の場合  → 千葉地方法務局船橋支局

 

管轄は、法務局のページより確認できます。

各法務局へ「習志野市の不動産の相続登記を申請したいが、管轄はどこか」などととお問い合わせいただければ回答してもらえます。

管轄の調べ方もご参照ください。

   

<申請方法>

一般的に次の方法です。

1.管轄の登記所の窓口へ直接書類を提出する

2.管轄の登記所へ郵送にて送付する

 

※インターネットを利用したオンライン申請も可能です。

ただし、電子署名などが必要なので、ご自身でお手続きをされる場合は、上記の方法がおすすめです。

なお、弊所ではオンライン申請に対応しております。

 

<必要書類>

相続登記の際に必要となる一般的な書類です。

(共通)

1.被相続人(亡くなられた方)の戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍

2.被相続人の方の除住民票もしくは戸籍の附票

3.相続人の方の戸籍謄(抄)本(相続の日より後のもの)

4.相続人の方の住民票

5.固定資産評価証明書(登記を申請する際の年度のもの)

 

(遺産分割協議があった場合)

6.遺産分割協議書

※相続人全員による協議がされたもの+全員の実印の押印

 

(遺言があった場合)

7.遺言書

 

上記以外に必要となる書類がある場合もあります。

 

<登録免許税・額・納付方法>

相続登記を申請する際には、申請書等とともに登録免許税(国税)を一緒に納付する必要があります。納付は収入印紙による方法が一般的です。

収入印紙によって納付をする場合は、台紙に収入印紙を貼り付けて、申請書等と一括してつづって提出することにより納付します。

 

登録免許税額は、不動産の固定資産評価額×0.4%です。

例)固定資産評価額 1,000万円の場合

1,000万円×0.4%=40,000円

 

100円未満は切り捨てです。