合同会社の設立手続き|千葉・東京23区・神奈川・埼玉その他近隣各県に対応しております。


合同会社を設立するには、定款を作成したうえで、会社設立日に登記所に登記を申請する必要があります。


合同会社設立手続きのスケジュール

合同会社の設立手続きの流れは下記のとおりです。

 

設立のスケジュールをご検討いただくに際して、特に下記の方は余裕をもったスケジュールをご検討ください。

①会社の設立日が確定し、動かすことができない方

②取引や融資、許認可等の関係で、特定の日までに設立する会社の謄本(全部事項証明書)・印鑑証明書が必要な方

 

①の方

合同会社の設立には、下記でご案内するようにいくつかのステップがございます。

お客様にもご協力をいただく部分もございますので、余裕をもったスケジュールをおすすめします。

 

②の方

スケジュールは、登記申請後~登記完了までのお時間も含めてご検討ください。 

 

設立した会社の謄本や印鑑証明書は、登記が完了しないと取得することができません。

登記の完了は登記申請後おおむね10日~2週間程度です。

各登記所の混雑状況にもよります(6月の定時株主総会の時期などはどの登記所も申請が多いため、完了予定が大幅にずれ込む場合もあります。

お急ぎの場合もできる限りご対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

基本事項について

お客様にお決めいただく基本事項は次の内容です。

各項目については、調査書の下にあるご案内をご参照ください。

調査書につきましては下記にPDF版をご用意しております。

ご入用の方はダウンロードしてください。

 

※なお、この設立調査書・内容のご案内は比較的小規模の会社を想定した一般的な内容です。ケースにより追加のご確認等、変更する場合もございます。

また、当調査書は弊所へご依頼いただくことを前提として作成しておりますので、お客様ご自身でご利用になる際は、お客様の責任でご利用ください。

ダウンロード
合同会社設立調査書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 375.6 KB

上記調査書の記載内容については、次の各項目をご参照ください。