不動産登記手続(抵当権抹消)


ここでは住宅ローンの完済などによる抵当権抹消登記について、弊所へご依頼いただく際の、ご依頼の流れやご費用などをご案内いたします。

(抵当権抹消登記手続きの一般的な内容は、こちら

 

すでに完済手続が終わり、これまでお借り入れをしていた金融機関(銀行・信用金庫・日本政策金融公庫等)から抵当権抹消書類が交付されている場合は、その書類をお手元にご準備の上、お問い合わせいただくとスムーズです。

 

なお、完済後抵当権抹消書類を受領してからしばらく(3か月以上)時間が経過してる場合、登記手続きは可能ですが改めて金融機関との手続きが必要となる場合があります。

 

また、抵当権の登記だけが残っており当事者すらわからないようなもの(いわゆる休眠担保)についてもお気軽にお問合せ下さい。

 


ご依頼の流れ

①お問い合わせ

ますはお気軽にお問い合わせください。

お手続きの概略や必要書類についてご案内いたします。

その際、金融機関から交付された書類があればお手元にご準備いただくとスムーズです。

 

電話 047-470-5001

一般的な必要書類についてはこちら

②お打合せなど

お電話にてご案内した書類等をご準備ください。

あらかじめメール等でやり取りをさせていただくこともございます。

お打合せ等は、弊所または、ご自宅などご指示いただいた場所にてさせていただきます。

③お見積のご提示

受任前にお見積をご提示いたします。

ご納得いただいたうえで、ご依頼いただくことができます。

④書類準備

必要書類を準備いたします。

 

⑤押印

必要書類へ押印をいただきます。

押印の日程などは、お問い合わせの中でご調整させていただきます。 

⑥登記申請(弊所)

 管轄の登記所に登記申請します。 

 

⑦登記完了

登記事項証明書など書類一式をご返却いたします。

登記費用の目安

一般的な住宅ローンの完済による抵当権抹消登記の司法書士報酬等の費用の目安です。

金融機関との手続きから時間が経過しており改めて金融機関との手続きが必要な場合、いわゆる休眠担保の場合は費用が加算されます。

 

報酬とは、司法書士報酬(税別)です。

報酬のほかに実費等がかかります。

実費には、登録免許税のほか、通信費(切手代)、交通費、消費税等がかかります。

 項目 報酬(税別) 実費・備考等
抵当権抹消 12,000円~

・登録免許税

 不動産1個1,000円

関連する登記手続き

 

・所有権登記名義人氏名・住所変更登記

抵当権抹消登記申請時点で所有権者の不動産登記名義が旧姓や旧住所になっている場合は、抵当権抹消登記と同時に氏名・住所の変更登記(所有権登記名義人氏名・住所変更登記)が必要です。

そのため、抵当権抹消登記の書類及び費用のほかに、所有権登記名義人氏名・住所変更登記が必要となります。


和久咲法務事務所:実籾・東習志野・習志野市・八千代市・千葉市・船橋市・市川市など千葉県・東京23区の登記手続きはお任せください。